めんどくさいので「QaLL」をインストール

先週書いた通り、OS X Mountain Lionのクリーンインストールも終了したのだが、今回OS X Mountain Lionを出すにあたり、Apple側は、セキュリティ関係にも、かなり力を入れている。

そのために、デフォルトの状態だと、インストールしたいアプリケーションが、Mac の「App Store」にはない時、いろいろなサイト等で、アプリケーションをダウンロードしてきても、それが「確認済みの開発元からのアプリケーション」ではなかった場合、インストールできない、または実行できない仕組みとなっている。

セキュリティのためなのではあるが、通常、自分では確かに問題がないと思われる、あるサイトからアプリケーションをダウンロードをしてきてインストールする場合、いちいち「システム環境設定」→「パーソナル」→「セキュリティとプライバシー」の中の「一般」のカギをクリックし、パスワードをいれて、「すべてのアプリケーションを許可」に変更しなくてはならない。

→「めんどくさいので「QaLL」をインストール」の続きを読む