WindowsXPを再インストール

現在、自分のメインPCはMacに切り替えたので、Windowsは関係ない。しかし、ノートや昔組み立てた、自作のPCのに関しては、Windowsだ。そして、XPしか使っていない。しかし、ご存知の通り、そのサポートのサービスも2014年4月8日をもって終了する。まだ1年半あるが、徐々に細かいサポートなどはすでに終了したりしている。

XPのOS自体、それぞれのPCで持っているが、ほとんど、英語版でService Pack 1や2のあたりだ。XPは英語版でも、ほぼ日本語化できるので、海外に住んでいることもあり、逆に、英語版の方が都合が良かった。

最近、またもや、前回インストールし直したやつと別の、長年使っているXPのノート型PCのの方が、レジストリーをはじめとして、なんやらかんやら、おかしくなった。修復しても、いまいちスッキリしない。ということで、そういう時は、潔く、ある程度のバックアップをした後、再インストールし直した方が逆に良い。

バックアップで一番忘れやすいのは、iTunesのコンピューター認証の解除だ。これをやっとかないと、5台できるPCの認証台数を1台分無駄に使ってしまう。あとで気づいても遅い。しかし、最悪1年に1回すべての認証をリセットできるので、これを使えばよいのだが。その件については、「めんどくさいのでリセットしてしまえ」で書いた通り。

そして、バックアップ終了後、フォーマットをかけ、いよいよXPの再インストールとなる。インストール後、新しいドライバーなどをあて、さて、ここからまず、「ながーい」時間、WindowsXPのアップデートをしてあげなければならないのだが、最近は、ちょっとだけやっかいだ。Windows SP(サービスパック)3をまず入れる前に、SP1とか2あたりが入っていない場合、それらを入れなければいけないのだが、以前とは違い、お馴染みWindows Updateを使用して、自動的に、できないのだ。つまり手動で3まで入れあげないと、正常にWindows Updateまで使用できない。 →「WindowsXPを再インストール」の続きを読む