これだからIEは・・・・

Pocket

現在、自分が使っているWindowsのパソコンについて、すべてOSは、Windows XPを使っている。
現在、メインのPCをすでにマックに変えたこともあるし、Vistaは言うに及ばず、7ですら、現在のXPから変える必要性が全くないからだ。何故なら、昔の使い慣れたソフが使えなくなるなど、XPに変えることにより、できることより、できないことが多くなる。

それと同時に、ブラウザに関しては、IE(インターネットエクスプローラー)を、「ほとんど」使っていない。何故、「ほとんど」かというと、めったにないが、いまだに、「IE推奨」のホームページがある時があるからだ。

それでも、Firefoxなど、他のブラウザでできないことはない。それで、今まで気づかなかったのだが、ひさびさIEを使おうとして、IE(IE8)を立ち上げると、「あっ!メニューバーが真っ黒だ!」

いろいろ調べていると、原因はわからないものの、どうやら、IE8のバグらしいのだ。そういう場合、その修正版が出されたり、新しいバージョンのものを入れれば良い。しかし、ご存知の通り、XPに関しては、IEは8で終了だ。IE9からはXPでは使えない。つまり、バージョンアップしようにもできない。

対処法はいろいろなところに書かれているが、簡単だ。
画面を右クリック→「プロパティ」→「デザイン」のタブ(英語版はAppearance)で、「ウィンドウとボタン」のところを、「WindowsXP スタイル」に変更するだけだ。

もちろん、これで解決はするのだが、実はこのデザイン、個人的には好きでない。ということで、IE8を再インストール。確かに、再インストール後は問題はないのだが、XPを再起動すると、また同じ症状が。

ということで、どうせ、いつもIE8を使うわけではないので、メニューバーが黒くなったら、一旦、「WindowsXP スタイル」に戻し、正常になったら「Windows クラシック スタイル」にまた戻すことにした。

何かいまだにXPを使っているユーザーに対するプチ嫌がらせかと、へんに勘ぐってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です