iPadはより小さく、iPhoneはより大きく

もう5年ほども前になるだろうか、iPhoneが日本で発売される前に、iPad Touchが発売され、さんざん考えたあげく購入した。以前書いた通り、単に携帯の、音楽や動画を楽しむエンターテインメント・ツールだけではなく、これを将来的にビジネスツールとしても利用しようとしたからだ。何故ならそれまで使っていたシャープのザウルスが製造中止となってしまったからだ。

そして、まだiPadが発表される前だったが、「大きなiPod Touch」が発売されるだろうということは容易に想像できた。そして、予想通りそれはiPadとして出現した。しかし、大きさは意外に大きい。重さも若干重い。ちょっと中途半端な気がした。

iPadを操作していて、ひとつだけ不満が残る。それはマルチタスクはできるのだが、この大きさにも関わらず、いくつものアプリをひとつの画面に表示ができないことだ。そして、どうせ、そういう画面表示ができないというより、そのiPadの用途から、する必要がないのなら(実際できても、かなり不便)、もうちょっと画面は小さくても良いはずだ。

発売当初と現在の新型iPadの違う点のひとつにその解像度とRatinaディスプレーがある。つまり写真の鮮やかさもさる事ながら、細かい文字も、はっきりと文字が潰れることなく見ることができる。ということは、今では以前より、もう少し小型のサイズでも問題はないはずだ。 →「iPadはより小さく、iPhoneはより大きく」の続きを読む