やはり新型iPhoneは秋頃ですか・・・・

Pocket

一応、大切なイベントがあったので、ちょっとだけ書くことに。
大切なイベントとは、ご存知の通り、昨日の、開発者向け発表会「WWDC2012」。
この中で開発者向けに「iOS6」の発表があった。そして、そのリリースは秋だという。

以前からどうなるかの予想書いているが、あまりにも、すべてが予想通りで笑ってしまう。Appleの次の打つ手が簡単に見えてしまう。これが、ジョブズ氏が生きていたら、こういうことにはならなかったであろう。
全くもっておもしろくないが、経営者としては、このやり方は正しい。そういう意味では素晴らしい会社になった。

とにかくiPhoneは秋登場ということか?
この「WWDC2012」の席で、新型iPhoneが発表されるのではないかと期待があったらしいが、するはずがない。何故なら、イベントは『「iOS6」でできること』だけで十分だからだ。今のAppleが、この時期に、そんないっぺんに出すはずがない。

そして以前書いたが(せっかく、その意味を以前から書いていたが、どうせ誰も見ないからリンクしない)予想通り、3Dの地図を持ってきて、Siriの機能を強化することになった。これで、念願の、本当の意味で「Siri」が「ある意味」ちゃんと機能することになる。
Siriは「できない子」ではなく「できる子」なのだ。それを、いろいろな事情から実力を発揮できないだけなのだ。最初の「Siri」の本当の実力を引き出してくれるのは、その新しい3D地図となるだろう。
(追記1:この発表でAppleのレーティングティングを上げたアナリストがいたとか。横山ホットブラザーズののこぎりネタ、「おまえはXXか」を見せてあげたい)

しかし、別にAppleの株主ではないので、最近のAppleについては、本当に、おもしろくないなあ・・・・。

他の諸々の機能は、あえて書きませんが、これらも実は予想通り。こういう機能を見ていたら、クック氏がiPhone及び他の製品で、何を目指しているのかが、よくわかります。やはりAppleは、もう、ある意味完全に「クック体制」が出来上がったと感じました。
一部で「故ジョブズ体制を歩むことが確認された」とか言われていますが、単に「最後の」故ジョブズ氏のやりかけの仕事を完成させようとしているだけで、もう別の方向に進んでいます。
また一部の機能は、「こんなもの、もっと早くからできただろう!」と突っ込みたくなりますが、それはしょうがありません。

実際に、どうなる、こうなるは、予想通りなために、後はそれを消費者は「どう利用するか?」しかありませんので、個々の解説は、本当に、それが登場してから書きます。
(中には、あきらかに失敗しそうな、ジョブズ氏なら却下しただろうアイデアもありましたが・・・・)
それまで、このブログがあるかどうかは、わかりませんが。

(追記2)今回の「WWDC2012」からの深読みで、これからの戦略など、いろいろ予想の記事を書いているMac関係の老舗の雑誌などが、ありますが、一部、勘違いしているなと思います。もうジョブズ氏はいないんです。今回も一部で「裏切られた」とか騒いでいますが、たぶん、その考えだと、また裏切られることでしょう。あくまで、個人的な考えで、「この世界は、しろーとなもんで、よくわかんないですけどー」なので、気にしないで下さい。ここ数年の読みは今まで、iPhoneの成功やiPadのような商品の誕生を含め、結構当たってはいるんですけれども。

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です