iMacの無線LANがやたら切れて困ってしまう

Pocket

iPodTouchやらiPhoneでもそうだったが、どうもMac関連の無線LANってやたら切れて最後には死んでしまうケースがあるようだ。(もちろんまともなものが大半だとは思うのだが、3台中、2台がこの有様)

今回のiMacでもやたら無線LANの調子が悪い。無線LANが結構、途中で切れてしまうのだ。確かにWifiの性能によるものもあるだろうが、ただ、問題はそれだけでなく、環境にもあるのであろう。

と言うのは、香港みたいにやたら狭くて建物が密集しているところで、多くの世帯がWifiによってインターネット接続したりしているので、問題は周りが強いWifiだらけだからということだ。

周りのWifiを調べてみると、どうも中国製品の強力なルーターを使っているところが多いようで、へたすると、隣の家のルーターからのWifiが自分の家のWifiより強かったりする。バッファローのポピュラーなルーターなど太刀打ちできない。ただでさえ、香港のプロバイダーやMacとの相性で疑問視されたりしているルーターなのに。(性能は本当に良いと思うのだが)

つまり、電波の混信を解消させなければいけない。ルーターで使用するチャンネル番号を変えたり、セキュリティー方法を変えたり、いろいろやってみた。

スピードは若干改善した。ただ、iMacは、やはり切れる。どうやら、iMacが自動的に強いWifiを自動的に検索し接続することも問題のようだ。(つまり、自宅のバッファローのルーターが隣の家の中国製のルーターの電波に負けている。確かに調べると信号の強さも変わらない)

ということで、システム環境設定のネットワークをクリックし、Wifiの「新しいネットワークに接続することを確認」のチェックボックスをオフにした。

これで、切れる頻度が極端に減った。しかし、まだまだ問題はやまずみ・・・・ふう・・・

(追記)あれから、アップルのソフトウエア・アップデートが何回かされて、完全とは言わないが問題はさほど深刻ではなくなったようだ。Mac側のソフトの不具合の問題が、かなりの部分を占めていたようだ。この方法が一応有効だったひとつの理由は、一瞬Wifiが切れても、他のWifiを探さないからのようだ。

[最新iPhoneアプリランキング:TOP5]

最新のiPhoneアプリランキング、TOP5です。
突然のバーゲンでランキングトップになるアプリもあったりしますので要注目です。

更新日:2019/08/24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です